■土岐明智光秀 推定系図

HTML HTML HTML HTML HTML HTML HTML HTML HTML HTML HTML HTML HTML HTML HTML HTML

人物名をクリックすると該当人物の史料年表の初出の記事に移動します。


■歴史捜査から推定される土岐明智光秀家系図

ここに掲げた「土岐明智光秀 推定系図」は、わたしの歴史捜査から推定して作成したものです。この家系図ができるまでの過程を解説します。

■土岐明智家の系図の元

土岐明智家の系図で現存しているものは下表(表1)の通りで、10種類の文書があります。

10種類の文書の中で、「③寛政重修諸家譜「土岐系図」」、④系図纂要「土岐上野沼田系図」は、②寛永諸家系図伝「土岐系図」を書き写したものです。また、⑦系図纂要「明智系図」、⑧土佐諸家系図「明智系図」、⑨熊本安国寺蔵「山岸系図」、⑩明智氏一族宮城家相伝「宮城系図」は明智軍記の創作を元にしたものです。
系図の組み立てには、これらを除外し、①尊卑文脈、②寛永諸家系図伝「土岐系図」、⑤続群書類従「土岐系図 浅羽本」、⑥続群書類従「明智系図」を使って組み立てていきます。

■光秀の書かれていない系図から系図の組み立て

①尊卑文脈、②寛永諸家系図伝「土岐系図」の家系図を、並べて比較してみると、次のようなことがわかります(図1)。

・「頼貞」からはじまり、「頼篤」、「國篤」、「頼秋」を飛ばして「頼秀」で一致。

・「頼秀」より先は、異なる人物が並びます。

ここでキーマンとなるのが、「光高」です。

・捜査のキーマン「光高」

「光高」に関する文書を見てみてみると次のようなものがあります。宗祇のまとめた「新選菟玖波集作者部類」と、美濃守護土岐成頼宛にかかれた「幕府奉行人連署奉書(将軍の名を受けて下した文書)」です。これらの文書から、「光高」は「玄宣」として登場し、2つの家系図をつなげてくれるのです(図2)。

・政宣の父は玄宣

新選菟玖波集作者部類には、「源政宣 土岐中務少輔 号 明智玄宣法師子」とあり、「政宣」は「玄宣」の子となっています。また、「玄宣」についても「玄宣法師 土岐兵庫助以 明智」と書かれています。よって、①尊卑文脈の系図と照合してみると、「光高」=「玄宣」ということになります。

・頼定と玄宣は同時代で同じ領地に権利を保有する一族

幕府奉行人連署奉書には、「土岐明智兵部少輔頼定与同名兵庫頭入道玄宣相論時、令和睦。於知行分者、可折中旨、(後略)」と書かれており、「頼定」と「玄宣」とが領地争いをしているのを、和睦させるように命じています。そのため、両者は同じ時代の人物で、二人が同じ領地に権利を保有する一族であることがわかります。

・つながった2つの系図

2つの系図は、頼秀でつながり、「頼定」、「玄宣」は同時代の人間、また、どちらも祖父が頼秀であることから、双方の父頼弘と頼高は兄弟で、頼定と光高(玄宣)は従兄弟ということになります。これを土岐明智合成系図とします(図3)。

■光秀につながる系図

ここまでに作った系図「土岐明智合成系図」、これから見ていく2つの系図から、光秀につながる系図を考えていきます。

・3つの系図

「⑤続群書類従「土岐系図 浅羽本」」、「⑥続群書類従「明智系図」」は、そっくりで、定政、光秀の父の記載が違うだけです。
また、「⑤続群書類従「土岐系図 浅羽本」」は、別本としながらも、「土岐明智合成系図」と同じように考えて作られていることがわかります(図4)。

・光秀のつながる系図

光秀のつながる系図は、頼秀から別れる「頼高系統」、「頼弘系統」のどちらから考えてみても、どちらの系統かを確定できるところにはいたりませんでした。結論からいうと、現時点までの捜査では、はっきりしたことはわかりません。しかしながら、

・通字の「光」がつながる
・十郎光兼、十兵衛光秀、十五郎光慶という仮名のつながりもよい。
・連歌の素養、玄宣のひ孫という肩書で、連歌会参加の道が開いた
・細川藤孝との関係も説明が付けやすい
・土岐頼純とともに斎藤道三と戦い軍事の経験を得てきた
ことから、「頼高系の光兼の子」と考えるのが、妥当と考えています。

 

この解説は、拙著『光秀からの遺言 本能寺の変436年後の発見』をもとに作成したものです。詳しくはそちらをご一読いただけますと幸いです。